スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千字文=研究と作品


千字文=S001「天地玄黄」(てんちは げんこう)
大意:天の色は黒く地の色は黄色い。
Sen002宇宙洪荒_RAzz-sen001.jpgSen001天地玄黄_R
-------------------------------------
千字文=S002「宇宙洪荒」(うちゅうは こうこう)
大意: 宇宙は広大である。(天地宇宙と大いなるものから始まる)

MK0=01_R.jpg 明鶴三体千字文‥

---------------------------------------------
千字文=S003「日月盈昃」(じつげつは えいしょくし)
大意:太陽や月は満ち欠けがあり
 Sen004辰宿列張_RAzz-sen003.jpgSen003日月盈昃_R
-------------------------------------
千字文=S004「辰宿列張」(しんしゅくは れっちょうす)
大意:星は空に布きならんでいる。

MK0=02_R.jpg明鶴三体千字文‥  

-----------------------------------------------
千字文=S005「寒來暑往」(かんきたり しょゆき)
大意:春の寒さが来て次に夏の暑さが来て去る
Sen006秋収冬藏_RAzz-sen005.jpgSen005寒來暑往_R
-----------------------------------------------
千字文=S006「秋収冬藏」(しゅうしゅうし とうぞうす)
大意:秋には生物の生長が収束し、冬にはかくれる。(四季の変化循環をいう)
MK0=03_R.jpg明鶴三体千字文‥

------------------------------------------------
千字文=S007「閏餘成歳」(じゅんあまりて としをなし)
大意:閏月を設けて年を成立させる。
Sen008律呂調陽Azz-sen007.jpgSen007閏餘成歳
-------------------------------------------
千字文=S008「律呂調陽」(りつりょして ようをしらべる)
大意:六律(楽)をもって陰陽を調和させている。
MK0=04_R.jpg明鶴三体千字文‥

---------------------------------------------
千字文=S009「雲騰致雨」(くもはのぼりて あめをいたし)
大意:雲は昇って雨となる。
Azz-sen009.jpg
-------------------------------------------
千字文=S010「露結為霜」(つゆはむすびて しもとなる)
大意:露がかたまって霜となります。

MK0=05_R.jpg明鶴三体千字文‥   
---------------------------------------------
千字文=S011「金生麗水」(きんは れいすいにしょうず)
大意:金は麗水から発生する。
Azz-sen011.jpg
--------------------------------------------
千字文=S012「玉出崑崗」(たまは こんこうにいづ)
大意:玉は崑崙山から産出する。

MK0=06_R.jpg明鶴三体千字文‥

---------------------------------------------
千字文=S013「劔號巨闕」(けんはきょけつとごうし)
大意:剣は名剣=巨闕と号され、
Azz-sen013.jpg
------------------------------------------
千字文=S014「珠稱夜光」(しゅはやこうとしょうす)
大意:珠は夜光と称され賞賛された。

MK0=07_R.jpg明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S015「菓珍李柰」(かはりだいをちんとし)
大意:菓物は李(すもも)と柰(からなし)が珍重され、
Azz-sen015.jpg
-------------------------------------------
千字文=S016「菜重芥薑」(さいはかいきょうをおもんず)
大意:野菜では芥(からし)と薑(しょうが)が大切にされた。

MK0=08_R.jpg明鶴三体千字文‥

-----------------------------------------
千字文=S017「海鹹河淡」(うみはしおからくかわはあわし)
大意:海の水は塩辛く河の水は淡白である。
Azz-sen017.jpg
--------------------------------------------
千字文=S018「鱗潛羽翔」(うろこあるはひそみはねあるはかける)
大意:魚は深淵に潛み鳥は空を飛び回っている。

MK0=09_R.jpg明鶴三体千字文‥

-------------------------------------------
千字文=S019「龍師火帝」(りゅうしかてい)
大意:大昔人文が発生する時に竜師・火帝の王がいて、
Azz-sen019.jpg
------------------------------------------
千字文=S020「鳥官人皇」(ちょうかんじんこう)
大意:鳥官・人皇の帝王がいたのである。

MK0=10_R.jpg明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S021「始制文字」(はじめてもんじをせいし)
大意:伏羲王朝で始めて文字をつくり
Azz-sen021.jpg
------------------------------------------
千字文=S022「乃服衣裳」(すなはちいしょうをふくす)
大意:黄帝の世になり衣裳を着るようになった。

MK0=11_R.jpg明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S023「推位讓國」(いをすいしくにをゆずるは)
大意:帝の位をゆずり國を譲ったのは
Azz-sen023.jpg
------------------------------------------
千字文=S024「有虞陶唐」(ゆうぐとうとう)
大意:舜(シュン=有虞)や堯(ギョウ=陶唐)である

MK0=12_R.jpg明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S025「弔民伐罪」(たみをとむらいつみをうつは)
大意:暴君のために死亡した人民を弔い罪を討伐したのは
Azz-sen025.jpg
------------------------------------------
千字文=S026「周發殷湯」(しゅうのはつといんのとうなり)
大意:周の武王(發)と殷の湯王である。

MK0=13_R.jpg明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S027「坐朝問道」(あさにざしてみちをとい)
大意:天子は常に朝廷に坐して道を問い正していれば
Azz-sen027.jpg
------------------------------------------
千字文=S028「垂拱平章」(すいきょうしてへいしょう)
大意:何もせずに手をこまねいていても天下は正しく治まるのです

MK0=14_R.jpg明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S029「愛育黎首」(れいしゅをあいいくし)
大意:人民をいつくしみ育てて
Azz-sen029.jpg
------------------------------------------
千字文=S030「臣伏戎羌」(じゅうきょうをしんふくせしむ)
大意:辺境の蛮族を服従させる

MK0=15_R.jpg明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S031「遐邇壹體」(かじいったいにして)
大意:遠く近くの民が一体となって
Azz-sen031.jpg
------------------------------------------
千字文=S032「率賓歸王」(そっぴんしておうにきす)
大意:連れ立って天子を慕って集まり来るのである。
MK0=16_R.jpg明鶴三体千字文‥


------------------------------------------
千字文=S033「鳴鳳在樹」 (めいほうはじゅにあり)
大意:德ある君主には鳳(賢人)が現れていななき
Azz-sen033.jpg
------------------------------------------
千字文=S034「白駒食場」 (はっくはじょうにはむ)
大意:賢人が乗る白駒は農場の草を食べます
MK0=17_R.jpg明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S035「化被草木」 (かはそうもくをおおい)
大意:君主の德は四方一帯の草木を被いつくし
Azz-sen035.jpg
------------------------------------------
千字文=S036「賴及萬方」 (らいはまんぽうにおよぶ)
大意:その利益は万民津々浦々に及ぶのです
MK0=18_R.jpg明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S037「蓋此身髪」 (がいしこのしんぱつは)
大意:およそ、この身体髪膚なるものは
Azz-sen037.jpg
------------------------------------------
千字文=S038「四大五常」 (しだいごじょうなり)
大意:四大(地水火風)からなり、五つの徳(仁義礼智信)を修めているのである。
MK0=19_R.jpg明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S039「恭惟鞠養」(うやうやしくきくようをおもへば)
大意:親に育てられたことを恭しく思えば
Azz-sen039.jpg
------------------------------------------
千字文=S040「豈敢毀傷」 (あにあえてきしょうせん)
大意:どうして身体を傷つけたりすることなど出来ましょう。
MK0=20_R.jpg明鶴三体千字文‥


------------------------------------------
千字文=S041「女慕貞絜」 (おんなはていけつをしたい)
大意:女は正しく潔癖な心になろうとするし
Azz-sen041.jpg
------------------------------------------
千字文=S042「男效才良」 (おとこはさいりょうをこう)
大意:男は才覚良識ある人になろうと習い努めます。
MK0=21_R.jpg明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S043「知過必改」(あやまちをしらばかならずあらため)
大意:自分の過ちに気付いたら必ず改めなさい
Azz-sen043.jpg
------------------------------------------
千字文=S044「得能莫忘」(のうをえてはわすれることなかれ)
大意:能力が身に就いたら忘れないようにしなさい
MK0=22_R.jpg明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S045「罔談彼短」(かれのたんをだんずることなかれ)
大意:他人の欠点を談ずるべきではありません
Azz-sen045.jpg
------------------------------------------
千字文=S046「靡恃己長」(おのれがちょうをたのむことなかれ)
大意:自分の長所を誇ってはいけません。
MK0=23_R.jpg明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S047「信使可覆」(しんはふたたびすべからしめ)
大意:約束したことなどは反復できるほどに必ず守りなさい
Azz-sen047.jpg
------------------------------------------
千字文=S048「器欲難量」(きははかりがたきことをほっす)
大意:教養は身につきやすいが、むしろ量り難い德を身に付けるようにしなさい
MK0=24_R.jpg明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S049「墨悲絲染」(すみは いとのそまるをかなしみ)
大意:戦国時代の墨子は白糸の如く国が染まってゆくのを悲しみ
Azz-sen049.jpg
------------------------------------------
千字文=S050「詩讃羔羊」(しは こうようをほめたり)
大意:詩経では小羊のような美徳を褒め讃えています。
MK0=25_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S051「景行維賢」(けいこうは これけんなり)
大意:善をしたい德行をすれば賢人となる
Azz-sen051.jpg
------------------------------------------
千字文=S052「剋念作聖」(よくおもえば せいとなる)
大意:善を思い徳を修めれば聖人となります
MK0=26_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S053「德建名立」(とくたてば めいたち)
大意:德を身に修めれば名声も上がり
Azz-sen053.jpg
------------------------------------------
千字文=S054「形端表正」(あらわることただしければ ひょうたるただし)
大意:正しい動作の表れにより端正な容姿となります
MK0=27_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S055「空谷傳聲」(くうこくに こえをつたえ)
大意:人の居ない谷に声が響き合うように
Azz-sen055.jpg
------------------------------------------
千字文=S056「虚堂習聴」(きょどうに ちょうをならうごとし)
大意:誰も居ない堂の中でもよく聞く気持ちで習うのです
MK0=28_R.jpg 明鶴三体千字文‥


------------------------------------------
千字文=S057「禍因悪積」(かは あくせきにより)
大意:災禍は悪事の積み重ねによるところが多く
Azz-sen057.jpg
------------------------------------------
千字文=S058「福縁善慶」(ふくは ぜんけいによる)
大意:幸福は善行や慶事の重なりに起因するものです
MK0=29_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S059「尺壁非寶」(しゃくへきは たからにあらず)
大意:大きな玉(壁)が宝ではないのです
Azz-sen059.jpg
------------------------------------------
千字文=S060「寸陰是競」(すんいんを これきそうべし)
大意:わずかの時間こそ宝ですから競って大事にするべきです
MK0=30_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S061「資父事君」(ちちにとり きみにつかうに)
大意:父に仕える如く君主にも仕えるべきです
Azz-sen061.jpg
------------------------------------------
千字文=S062「日巌與敬」(いわくげんと けいと)
大意:厳粛さと尊敬の念をもって仕えるのです
MK0=31_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S063「孝當竭力」(こうはとうに ちからをつくし)
大意:父母への孝養は全力を尽くすべきですし
Azz-sen063.jpg
------------------------------------------
千字文=S064「忠則盡命」(ちゅうはすなわち めいをつくす)
大意:君主に対する忠節も命がけの気持ちで行うべきです
MK0=32_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S065「臨深履薄」(ふかきにのぞみて うすきをふむごとく)
大意:深淵に臨む如く薄氷を踏む如く注意深く(父や主君に)仕え
Azz-sen065.jpg
------------------------------------------
千字文=S066「夙興温清」(つとにおきて あたたかくすずしくすべし)
大意:早起きして冬温かく夏涼しくなるよう孝養をしなさい
MK0=33_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S067「似蘭斯馨」(らんのそれ かんばしきににて)
大意:孝行が高まると蘭の香のように誉れも高くなり
Azz-sen067.jpg
------------------------------------------
千字文=S068「如松之盛」(まつの さかんなるがごとし)
大意:松が盛んに繁る如く家も繁栄します
MK0=34_R.jpg 明鶴三体千字文‥


------------------------------------------
千字文=S069「川流不息」(かわはながれて やすまず)
大意:孔子が川の流れを見て嘆くことのなきように修養をして
Azz-sen069.jpg
------------------------------------------
千字文=S070「淵澄取映」(ふちはすみて えいをとる)
大意:澄んだ淵に我が身を映して反省努力して修養するのです
MK0=35_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S071「容止若思」(ようしは おもうがごとく)
大意:容姿振る舞いは物思いをする如く厳粛であるべきです
Azz-sen071.jpg
------------------------------------------
千字文=S072「言辭安定」(げんじは あんていすべし)
大意:言い方は安定感のある落ち着いているのがいいです
MK0=36_R.jpg 明鶴三体千字文‥


------------------------------------------
千字文=S073「篤初誠美」(はじめをあつくするは まことにうるわしく)
大意:初めを大切にするのは誠に美しく
Azz-sen073.jpg
------------------------------------------
千字文=S074「愼終宜令」(おわりをつつしむは よろしくよくすべし)
大意:終わりまで慎重にして善い結果をだしましょう
MK0=37_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S075「榮業所基」(えいぎょうの もととするところなり)
大意:栄誉ある業績官位はこれらの德が基となっており
Azz-sen075.jpg
------------------------------------------
千字文=S076「藉甚無竟」(せきじんにして おわりなし)
大意:これらの名声は栄えて終りなく続くでしょう。
MK0=38_R.jpg 明鶴三体千字文‥


------------------------------------------
千字文=S077「學優登仕」(まなびてゆうなれば とうしし)
大意:学識に優れれば登って官職につき
Azz-sen077.jpg
------------------------------------------
千字文=S078「攝職從政」(しょくをとりて まつりごとにしたがう)
大意:正しい政治の道を摂り行うでしょう。
MK0=39_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S079「存以甘棠」(ぞんするに かんとうをもってし)
大意:甘棠故事の如き善政懐古録を残せば
Azz-sen079.jpg
------------------------------------------
千字文=S080「去而益詠」(さりて ますますえいず)
大意:後々までも詩として詠まれるでしょう
MK0=40_Ra.jpg 明鶴三体千字文‥


------------------------------------------
千字文=S081「樂殊貴賤」 (がくは きせんをことにし)
大意:音楽は身分の貴賎により楽曲形式が異なるし
Azz-sen081.jpg
------------------------------------------
千字文=S082「禮別奠卑」 (れいは そんぴをわかつ)
大意:身分の尊卑によっても礼式が異なるのです
MK0=41_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S083「上和下睦」 (かみやわらげば しもむつまじく)
大意:上の支配者らが德高く穏やかであれば人民は平和に暮せるし
Azz-sen083.jpg
------------------------------------------
千字文=S084「夫唱婦隨」 (おっととなえれば つましたがう)
大意:夫が誠実であれば唱えたことに妻は随うものです
MK0=42_R.jpg 明鶴三体千字文‥


------------------------------------------
千字文=S085「外受傳訓」 (そとにては ふくんをうけ)
大意:十才になると子供は外に出て先生の教えを受け
Azz-sen085.jpg
------------------------------------------
千字文=S086「入奉母儀」 (いりては ぼぎをほうず)
大意:家の中では母の示す教えを受けます
MK0=43_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S087「諸姑伯叔」 (しょこ はくしゅく)
大意:多くの伯母伯父達に敬い親しんで
Azz-sen087.jpg
------------------------------------------
千字文=S088「猶子比兒」 (ゆうしは じにひす)
大意:それらの子も我が子と同じように扱い可愛がります
MK0=44_R.jpg 明鶴三体千字文‥


------------------------------------------
千字文=S089「孔懷兄弟」 (はなはだおもうは けいていなり)
大意:兄弟たちを常によく思い合い
Azz-sen089.jpg
------------------------------------------
千字文=S090「同氣連枝」 (きをおなじにし えだをつらねる)
大意:同じ根元同じ枝で連なっている兄弟だからです
MK0=45_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S091「交友投分」 (ともとまじわるに ぶをとうじ)
大意:良い友と交わって心を開き仲良くしましょう
Azz-sen091.jpg
------------------------------------------
千字文=S092「切磨箴規」 (せつまし しんきすべし)
大意:夫々に励まし合い磨き合ってお互いに正し合って行くのです
MK0=46_R.jpg 明鶴三体千字文‥


------------------------------------------
千字文=S093「仁慈隱惻」(じんじ いんそくは)
大意:大切なのは慈しみとあわれみの心であり
Azz-sen093.jpg
------------------------------------------
千字文=S094「造次弗離」(ぞうじにも はなれず)
大意:慌ただしくても常に離れず忘れてはいけません。
MK0=47_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S095「節義簾退」 (せつぎ れんたいは)
大意:節操よく義を大事にする謙虚な態度は
Azz-sen095.jpg
------------------------------------------
千字文=S096「顛沛匪虧」 (てんぱいにも かけることあらず)
大意:つまづいて倒れても常に保ち汚したり失ってはいけません
MK0=48_R.jpg 明鶴三体千字文‥


------------------------------------------
千字文=S097「性静情逸」 (せいしずかにして じょうやすく)
大意:性根が正しく安静ならば欲情は去って行きます
Azz-sen097.jpg
------------------------------------------
千字文=S098「心動神疲」 (こころうごけば しんつかる)
大意:欲や利に心が動けば精神も疲れてきます
MK0=49_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S099「守眞志滿」 (しんをまもらば こころざしみち)
大意:正しい心根を守っていれば志は満ち足りています
Azz-sen099.jpg
------------------------------------------
千字文=S100「逐物意移」 (ものをおえば いうつる)
大意:名利・物欲を追い回していると不満だらけで意志不安定になります
MK0=50_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S101「堅持雅操」 (がそうを けんじすれば)
大意:節操正しく堅く守っていれば
Azz-sen101.jpg
------------------------------------------
千字文=S102「好爵自縻」 (こうしゃく おのずからまとう)
大意:高く好い地位は自然に就いてくるものです
MK0=51_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S103「都邑華夏」 (とゆうは かかに)
大意:天子のいるところを都邑といい華夏にもみやこがある
Azz-sen103.jpg
------------------------------------------
千字文=S104「東西二京」 (とうざいに にきょうあり)
大意:東都・洛陽と西都・長安の二京がある。
MK0=52_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S105「背邙面洛」 (ぼうをせにして らくにめんす)
大意:東都・洛陽は背後に北邙山があり南は洛水に面しており
Azz-sen105.jpg
------------------------------------------
千字文=S106「浮渭據涇」 (いにうかび けいによる)
大意:西都・長安には渭水が流れ浮かび涇水にも依っている
MK0=53_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S107「宮殿盤鬱」 (きゅうでんは ばんうつとして)
大意:天子の宮殿は盤石で鬱蒼としていて
Azz-sen107.jpg
------------------------------------------
千字文=S108「樓觀飛驚」 (ろうかんは ひきょうなり)
大意:高い楼閣は飛んでいるように見えて驚かされます
MK0=54_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S109「圖寫禽獸」 (きんじゅうをずしゃして)
大意:宮殿や楼閣の室には鳥獣が描かれており
Azz-sen109.jpg
------------------------------------------
千字文=S110「畫彩仙靈」 (せんれいを がさいす)
大意:神仙・霊奇なども彩画されています
MK0=55_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S111「丙舍傍啓」 (へいしゃは かたわらにひらき)
大意:役人の居る丙舍の出入り口が正殿の横にあって
Azz-sen111.jpg
------------------------------------------
千字文=S112「甲帳對楹」 (こうちょうは えいにたいす)
大意:天子の控える甲帳が大柱と対面しています(宮室の構造)
MK0=56_R.jpg 明鶴三体千字文‥


------------------------------------------
千字文=S113「肆筵設席」 (えんをつらねて せきをもうけ)
大意:筵を敷き連ねて席が設けられていて
Azz-sen113.jpg
------------------------------------------
千字文=S114「鼓瑟吹笙」 (しつをこし しょうをふく)
大意:瑟が奏でられて笙が吹かれるのです(殿上での宴楽)
MK0=57_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S115「升階納陛」 (かいをのぼり へいにおさまるに)
大意:高官が階段を上り出仕すると
Azz-sen115.jpg
------------------------------------------
千字文=S116「弁轉疑星」 (べんてんじて ほしかとうたがう)
大意:冠の飾り玉が輝き揺れてまるで星かと目を疑うようです
MK0=58_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S117「右通廣内」 (みぎは こうないにつうじ)
大意:正殿に向かって右(西)へ行けば廣内殿(図書室)に通じていて
Azz-sen117.jpg
------------------------------------------
千字文=S118「左達承明」 (ひだりは しょうめいにたっする)
大意:左(東)へ行けば承明殿に到達します
MK0=59_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S119「既集墳典」 (すでに ふんてんをあつめ)
大意:古い三皇・五帝時代の書典が集められているし
Azz-sen119.jpg
------------------------------------------
千字文=S120「亦聚群英」 (また ぐんえいをあつめる)
大意:また多くの優れた識者たちを寄せ集めています
MK0=60_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S121「杜稾鐘隸」 (とこう しょうれいあり)
大意:草聖である杜度の草書や魏の鐘繇の隸書がありますし
Azz-sen121.jpg
------------------------------------------
千字文=S122「漆書壁經」 (しっしょ へききょうあり)
大意:漆で書かれた文字や孔子宅の壁から出た経典もあります
MK0=61_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S123「府羅將相」 (ふには しょうそうつらなり)
大意:官府には将軍宰相達が控えていて
Azz-sen123.jpg
------------------------------------------
千字文=S124「路俠槐卿」 (みちには かいけいはさむ)
大意:路の両側には公卿の邸宅が建ち並んでいる(官庁の様子)
MK0=62_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S125「戸封八縣」 (こは はっけんにふうぜられ)
大意:諸侯には租税として八県分が与えられ、
Azz-sen125.jpg
------------------------------------------
千字文=S126「家給千兵」 (いえは せんぺいをたまわる)
大意:それぞれの功臣には兵千人分が給せられている
MK0=63_R.jpg 明鶴三体千字文‥

------------------------------------------
千字文=S127「高冠陪輦」 (かんをたかくして れんにばいし)
大意:重臣らは高冠を被って天子の御車を追従すると
Azz-sen127.jpg
------------------------------------------
千字文=S128「驅轂振纓」 (こくをかりて えいをふるわす)
大意:御車が走れば冠の紐が揺り動いて進むのです
MK0=64_R.jpg 明鶴三体千字文


------------------------------------------
千字文=S129「世祿侈富」 (せろくは しふにして)
大意:代々俸禄を与えられている官吏はとても豊かであり、
Azz-sen129.jpg
------------------------------------------
千字文=S130「車駕肥輕」 (しゃが ひけいあり)
大意:馬はよく肥えて軽くて早い車駕を持っている。
MK0=65_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S131「策功茂實」 (さくこう もじつなれば)
大意:謀による功績が充実したものであれば、
Azz-sen131.jpg
------------------------------------------
千字文=S132「勒碑刻銘」 (ひにろくして めいにこくす)
大意:その功労を碑に刻し金石にその名前を残して後世に伝えるのである。
MK0=66_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S133「磻溪伊尹」 (はんけいと いいんと)
大意:太公望呂尚と伊尹は、
Azz-sen133.jpg
------------------------------------------
千字文=S134「佐時阿衡」 (きをたすけて あこうとなる)
大意:殷代の天子を補佐して宰相阿衡となった
MK0=67_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S135「奄宅曲阜」 (おおいに きょくふにたくす)
大意:曲阜に(周公旦が)いて大々的に繁栄させたのだ
Azz-sen135.jpg
------------------------------------------
千字文=S136「微旦孰營」 (たんなかりせば たれかいとなまん)
大意:周公旦が居たからこそ造営されたのである
MK0=68_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S137「桓公匡合」 (かんこうは きょうごうし)
大意:斉の桓公は管仲を用いて衰退していた周の天下を統一し
Azz-sen137.jpg
------------------------------------------
千字文=S138「濟弱扶傾」 (よわきをすくい かたむけるをたすく)
大意:諸侯を会合させて弱きを救い傾ける国を助けて斉に従わせた
MK0=69_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S139「綺迴漢惠」 (きは かんけいをかいし)
大意:綺里季などの賢者は漢の惠帝を補佐して帝位に回帰させ
Azz-sen139.jpg
------------------------------------------
千字文=S140「説感武丁」 (えつは ぶていをかんぜしむ)
大意:殷の宰相傳説は武丁を補佐し感動させたのである
MK0=70_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S141「俊乂密勿」 (しゅんがいは みつふつし)
大意:優れた才能ある人材が勤勉に励んで
Azz-sen141.jpg
------------------------------------------
千字文=S142「多士實寧」 (たしにより じつにやすし)
大意:多くの秀才によって安泰な天下となったのだ
MK0=71_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S143「晉楚更霸」 (しんそは こもごもはたり)
大意:春秋戦国時代では晉(文公)と楚(荘王)が夫々に霸者となり
Azz-sen143.jpg
------------------------------------------
千字文=S144「趙魏困橫」 (ちょうぎは おうにくるしむ)
大意:趙と魏は秦の横暴に苦しんだ
MK0=72_R.jpg 明鶴三体千字文


------------------------------------------
千字文=S145「假途滅虢」 (とをかりて かくをめっし)
大意:晋の献公は虞国を通って虢(カク)国を滅亡させた
Azz-sen145.jpg
------------------------------------------
千字文=S146「踐土會盟」 (せんとに かいめいす)
大意:晋の文公は踐土に會盟して覇者となった<晋の不徳/有徳の二公=献公/文公>
MK0=73_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S147「何遵約法」 (かは やくほうにしたがい)
大意:漢高祖の宰相・蕭何は約法を尊守したが
Azz-sen147.jpg
------------------------------------------
千字文=S148「韓弊煩刑」 (かんは はんけいにやぶれたり)
大意:韓の公子・韓非は煩雑な刑法を作って失策した(德を重んじよの趣旨)
MK0=74_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S149「起翦頗牧」 (き・せん・は・ぼく、は)
大意:白起、王翦、廉頗、李牧の四名将は
Azz-sen149.jpg
------------------------------------------
千字文=S150「用軍最精」 (ぐんをもちいること もっともくわし)
大意:用兵・用軍に優れ精通していた
MK0=75_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S151「宣威沙漠 」 (いを さばくにのべ)
大意:これら名将達は威を沙漠の地まで広げ伝えて
Azz-sen151.jpg
------------------------------------------
千字文=S152「馳譽丹青」 (ほまれを たんせいにはす)
大意:麒麟閣や雲台に図像が画かれて後世に譽を馳せている
MK0=76_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S153「九州禹跡」 (きゅうしゅうは うのせきなり)
大意:禹は中国を九の州に分けて治め
Azz-sen153.jpg
------------------------------------------
千字文=S154「百郡秦并」 (ひゃくぐんは しんのあわせたるなり)
大意:中国全土を百郡余に分けて併合統一したのは秦である
MK0=77_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S155「嶽宗恒岱」 (だけは こうたいをしゅうとし)
大意:恒山・泰山の山頂に祭壇を作って尊び
Azz-sen155.jpg
------------------------------------------
千字文=S156「禪主云亭」 (ぜんは うんていをしゅとする)
大意:泰山近くの云亭山の地において封禅を主に行ったのだ
MK0=78_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S157「雁門紫塞」 (がんもん しさい)
大意:雁門山と紫塞(万里の長城)あり
Azz-sen157.jpg
------------------------------------------
千字文=S158「雞田赤城」 (けいでん せきじょう)
大意:鶏田と赤城山ある(地名の対句)
MK0=79_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S159「昆池碣石」 (こんち けっせき)
大意:昆明池や碣石山あり
Azz-sen159.jpg
------------------------------------------
千字文=S160「鉅野洞庭」 (きょや どうてい)
大意:鉅野沢や洞庭湖がある(地名の対句)
MK0=80_R.jpg 明鶴三体千字文


------------------------------------------
千字文=S161「曠遠綿邈」 (こうえん めんばくとして)
大意:これらの事蹟はとても広遠であり
Azz-sen161.jpg
------------------------------------------
千字文=S162「巖岫杳冥」 (がんしゅう ようめいたり)
大意:山岳池沢は遥かに深くて薄暗いのです
MK0=81_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S163「治本於農」 (ちは のうをほんとし)
大意:国を治める根本は農業であるので
Azz-sen163.jpg
------------------------------------------
千字文=S164「務茲稼穡」 (このかしょくに つとめる)
大意:作物を植え育て収穫をことに努めるべきです
MK0=82_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S165「俶載南畝」 (はじめて なんぽにことし)
大意:南の田に農作業を始めて
Azz-sen165.jpg
------------------------------------------
千字文=S166「我藝黍稷」 (われ しょしょくをうる)
大意:私は黍(キビ)や稷(ウルチ)の苗を植ました
MK0=83_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S167「税熟貢新」 (じゅくせるをぜいとして しんをおさめ)
大意:穀物が成熟すれば納税させ 新穀が実れば献上させます
Azz-sen167.jpg
------------------------------------------
千字文=S168「勸賞黜陟」 (かんしょうして ちゅっちょくす)
大意:成績の良いものは励まし褒め 成績の悪い者は罰して叱咤激励します
MK0=84_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S169「孟軻敦素」 (もうかは そをあつくし)
大意:孟子は素直な心を大切にした(性善説)
Azz-sen169.jpg
------------------------------------------
千字文=S170「史魚秉直」 (しぎょは ちょくをとる)
大意:史子は正直さを守ることを誉めている
MK0=85_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S171「庶幾中庸」 (ちゅうようを こいねがい)
大意:偏らない中庸の道を守り願っており
Azz-sen171.jpg
------------------------------------------
千字文=S172「勞謙謹敕」 (ろうけんにして きんちょくなり)
大意:労を称えられてもおごらず謙虚に身を慎み戒めることです
MK0=86_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S173「聆音察理」 (おとをききて りをさっし)
大意:他人の言葉をよく聞いて道理をつまびらかにし
Azz-sen173.jpg
------------------------------------------
千字文=S174「鑒貌辨色」 (ぼうをかんがみて しょくをべんずる)
大意:相手の顔色態度から正しい判断をしなさい
MK0=87_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S175「貽厥嘉猷」 (そのかゆうを のこし)
大意:その善い行いが後々まで残るようにし
Azz-sen175.jpg
------------------------------------------
千字文=S176「勉其祗植」 (そのししょくを つとめる)
大意:謹んで樹立されるように勉めなさい
MK0=88_R.jpg 明鶴三体千字文


------------------------------------------
千字文=S177「省躬譏誡」 (みのきかいに かえりみて)
大意:己を良く反省して戒めるべきであり
Azz-sen177.jpg
------------------------------------------
千字文=S178「寵增抗極」 (ちょうまさば はばむこときわまる)
大意:上からの寵遇が増せば傲慢になるものです
MK0=89_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S179「殆辱近恥」 (はじをあやぶみ はじにちかくば)
大意:恥辱に遭遇することがあったならば
Azz-sen179.jpg
------------------------------------------
千字文=S180「林皋幸即」 (りんこうは つくことこうなり)
大意:林や沢のある処に隠居生活するのを望むことです
MK0=90_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S181「兩疏見機」 (りょうそは きをみ)
大意:漢の疏広、疏受ともに時機を見て
Azz-sen181.jpg
------------------------------------------
千字文=S182「解組誰逼」 (ひもをとくこと だれかせまらん)
大意:自ら冠の紐を解き辞職したが、誰にも責められなかった
MK0=91_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S183「索居閒處」 (さくきょ かんしょし)
大意:人から離れて閒居していれば
Azz-sen183.jpg
------------------------------------------
千字文=S184「沉默寂寥」 (ちんもくして せきりょうたり)
大意:一人静かな生活を送ることが出来ます
MK0=92_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S185「求古尋論」 (こをもとめて ろんをたずね)
大意:読書にふけり古人の道を探求して
Azz-sen185.jpg
------------------------------------------
千字文=S186「散慮逍遙」 (うれいをさんじて しょうようす)
大意:思慮の疲れ散逸して逍遙をするのです
MK0=93_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S187「欣奏累遣」 (よろこびあつまり わずらいははなち)
大意:心の満足感は集まりわずらいは追いやられて
Azz-sen187.jpg
------------------------------------------
千字文=S188「慼謝歡招」(いたみはしゃして よろこびはまねかる)
大意:心配事のない喜びの毎日が過ごせます 【戚心】
MK0=94_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S189「渠荷的歴」 (きょかは てきれきとして)
大意:水渠の蓮は鮮やかに咲き誇り
Azz-sen189.jpg
------------------------------------------
千字文=S190「園莽抽條」 (えんぼうは えだをぬきんする)
大意:庭園の草木の枝は盛んに伸び茂ります
MK0=95_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S191「枇杷晩翠」 (びわは おそくにみどりなり)
大意:枇杷(ビワ)は晩くまで翠をつけて
Azz-sen191.jpg
------------------------------------------
千字文=S192「梧桐早凋」 (ごとうは はやくしぼむ)
大意:梧桐(アオギリ)は早くに落葉します
MK0=96_R.jpg 明鶴三体千字文


------------------------------------------
千字文=S193「陳根委翳」 (ちんこんはいえいし)
大意:古い根っこ朽ちて枯れてゆき
Azz-sen193.jpg
------------------------------------------
千字文=S194「落葉飄颻」 (らくようはひょうようす)
大意:落ち葉は風に舞い踊っています
MK0=97_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S195「遊鵾獨運」 (ゆうこんはひとりめぐり)
大意:鵾(鳳凰)は遊ぶ如く飛び回り
Azz-sen195.jpg
------------------------------------------
千字文=S196「凌摩絳霄」 (こうしょうをりょうます)
大意:紅の大空を飛び越えるようです
MK0=98_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S197「耽讀翫市」 (たんどくしてしをむさぼり)
大意:読書に没頭して市井の本屋にあそび
Azz-sen197.jpg
------------------------------------------
千字文=S198「寓目囊箱」 (めをのうしょうにぐうす)
大意:書物を入れた袋や箱に目をよせるのです
MK0=99_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S199「易輶攸畏」 (えきゆうはおそるるところ)
大意:軽はずみな言動は慎むべきです
Azz-sen199.jpg
------------------------------------------
千字文=S200「屬耳垣墻」 (みみをえんしょうにしょうす)
大意:垣根の向うに耳があると思いなさい
MK0=100_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S201「具膳餐飯 」 (ぜんをそなえはんをくらい)
大意:お膳を用意してご飯を食べる時には
Azz-sen201.jpg
------------------------------------------
千字文=S202「適口充腸」 (くちにかないはらわたにみつ)
大意:口に合い適い腹を満たせばいいのだ
MK0=100a_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S203「飽飫烹宰 」 (あけばほうさいにいとい)
大意:満腹していれば煮物和え物でも飽くことがあるが
Azz-sen203.jpg
------------------------------------------
千字文=S204「饑厭糟糠」 (うえればそうこうにもたる)
大意:飢えた時には酒かす米ぬかいいのです
MK0=102_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S205「親戚故舊 」 (しんせきこきゅう)
大意:親戚や古い知人と食事をする時
Azz-sen205.jpg
------------------------------------------
千字文=S206「老少異糧」 (ろうしょうはりょうをことにす)
大意:年令の老少によりそれぞれ食料が異なるのです
MK0=103_R.jpg 明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S207「妾御績紡」 (しょうぎょはせきぼうし)
大意:女人は紡績を操り
Azz-sen207.jpg
------------------------------------------
千字文=S208「侍巾帷房」 (きぼうにじきんする)
大意:妻であれば寝やを共にして夫に仕えます
MK0=104_R.jpg 明鶴三体千字文


------------------------------------------
千字文=S209「紈扇圓潔」 (がんせんは まるくきよく)
大意:白絹の団扇は丸くて清潔であり
Azz-sen209.jpg
------------------------------------------
千字文=S210「銀燭煒煌」 (ぎんしょくは いこうなり)
大意:銀の燭台は白く照り輝いています
MK0=105_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S211「晝眠夕寐」 (ひるねむり ゆういぬるに)
大意:昼寝と夜の就寝の時には
Azz-sen211.jpg
------------------------------------------
千字文=S212「藍筍象床」 (らんじゅんと ぞうしょうあり)
大意:藍色の竹の敷物をした象牙の寝台があります
MK0=106_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S213「弦歌酒讌」 (げんか しゅえんし)
大意:琴(弦)を弾いて歌をうたい酒宴をします
Azz-sen213.jpg
------------------------------------------
千字文=S214「接杯舉觴」 (はいをむかえて しょうをあげる)
大意:杯を交えたり挙げたりするのです
MK0=107_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S215「矯手頓足」 (てをあげ あしをふみ)
大意:手を上げたり足踏みならして
Azz-sen215.jpg
------------------------------------------
千字文=S216「悅豫且康」 (えつよして かつこうす)
大意:心楽しく又安らかになるのです
MK0=108_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S217「嫡後嗣續」 (てきこうは しぞくして)
大意:嫡子にあたる者は跡継ぎをして
Azz-sen217.jpg
------------------------------------------
千字文=S218「祭祀烝嘗」 (さいし じょうしょうす)
大意:先祖の祭祀を行って秋の嘗や冬の烝をもするのです
MK0=109_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S219「稽顙再拜」 (けいそうして さいはいし)
大意:喪の時には額ずいて再拜し
Azz-sen219.jpg
------------------------------------------
千字文=S220「悚懼恐惶」 (しょうく きょうこうす)
大意:恐れ慎みかしこまった状態にするのです
MK0=110_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S221「箋牒簡要」 (せんちょうは かんようにし)
大意:手紙などは簡潔にして要点をはっきりとして
Azz-sen221.jpg
------------------------------------------
千字文=S222「顧答審詳」 (ことうは しんしょうにす)
大意:返信文は内容をつくして詳細にするのです
MK0=111_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S223「骸垢想浴」 (がいがけがれれば よくをおもい)
大意:身体が垢で汚れれば入浴したいと思うし
Azz-sen223.jpg
------------------------------------------
千字文=S224「執熱願涼」 (あつきをとれば りょうをねがう)
大意:暑苦しい時には涼しくなりたいと願うものです
MK0=112_R.jpg /明鶴三体千字文


------------------------------------------
千字文=S225「驢騾犢特」 (ろろ とくとくは)
大意:驢(ロバ)、騾(ラバ)、犢(子牛)、特(牡牛)たちは
Azz-sen225.jpg
------------------------------------------
千字文=S226「駭躍超驤」 (がいやく ちょうじょうす)
大意:驚いて跳ねたり走り回ったりしています
MK0=113_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S227「誅斬賊盜」 (ぞくとうを ちゅうざんし)
大意:賊人や盗人は討伐して死罪にし
Azz-sen227.jpg
------------------------------------------
千字文=S228「捕獲叛亡」 (はんぼうを ほかくす)
大意:謀反悪事をして逃亡する者は捕獲します
MK0=114_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S229「布射僚丸」 (ふのい りょうのがん)
大意:呂布の射弓術に宜僚の弄丸
Azz-sen229.jpg
------------------------------------------
千字文=S230「嵇琴阮嘯」 (けいのきんと げんのしょう)
大意:嵇康の琴に阮籍の嘯など(技芸達人)
MK0=115_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S231「恬筆倫紙」 (てんのふで りんのかみ)
大意:蒙恬の筆に蔡倫の紙
Azz-sen231.jpg
------------------------------------------
千字文=S232「鈞巧任釣」 (きんのこう じんのちょう)
大意:馬鈞の巧芸に任公子の釣り(技巧名人)
MK0=116_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S233「釋紛利俗」 (ふんをとき ぞくをりし)
大意: 雑多なものを分別して世俗に便益を与え
Azz-sen233.jpg
------------------------------------------
千字文=S234「並皆佳妙」 (ともにみな かみょうなり)
大意:並びに皆夫々の芸の極致に達している
MK0=117_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S235「毛施淑姿」 (もうしは しゅくしあり)
大意:毛嬙と西施は共に淑やかな容姿であり
Azz-sen235.jpg
------------------------------------------
千字文=S236「工嚬妍笑」 (たくみにひそめて あでやかにわらう)
大意:巧みなる姿形と艶やかな笑顔に国王も迷わされた
MK0=118_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S237「年矢毎催」 (ねんし つねにさいし)
大意:時刻の矢は常に人を急き立てているし
Azz-sen237.jpg /明鶴三体千字文
------------------------------------------
千字文=S238「曦暉朗曜」 (ぎき ろうようたり)
大意:陽の光は明々と輝いています
MK0=119_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S239「璇璣懸斡」 (せんき けんあつして)
大意:北斗七星などが夜空を巡っており
Azz-sen239.jpg
------------------------------------------
千字文=S240「晦魄環照」 (かいはく かんしょうす)
大意:月光は消えたり照らしたり循環しています
MK0=120_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S241「指薪修祜」 (たきぎをさして さいわいをおさむれば)
大意:薪火の故事を指して幸いを修めれば
Azz-sen241.jpg
------------------------------------------
千字文=S242「永綏吉劭」 (ながくやすらかに きっしょうなり)
大意:永く安らかな吉祥が続くでしょう
MK0=121_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S243「矩歩引領」 (くほ いんれいして)
大意:正しい歩き方をし首の上げ下げも正しく
Azz-sen243.jpg
------------------------------------------
千字文=S244「俯仰廊廟」 (ろうびょうに ふぎょうす)
大意:朝廷に参内すれば姿勢正しく動作すべきです
MK0=122_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S245「束帶矜莊」 (そくたいは きんそうにして)
大意:礼装してつつしみ深く厳かにして
Azz-sen245.jpg
------------------------------------------
千字文=S246「徘徊瞻眺」 (はいかい せんちょうす)
大意:歩く時には威儀を正して遠くを仰ぎ見るようにしなさい
MK0=123_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S247「孤陋寡聞」 (ころうにして きくことすくなくば)
大意:孤独でかたくなであり見聞も少なくなると
Azz-sen247.jpg
------------------------------------------
千字文=S248「愚蒙等誚」 (ぐもうと ひとしくそしられん)
大意:愚蒙だとの誹りを受けるのです
MK0=124_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------
千字文=S249「謂語助者」 (ごじょと いうものは)
大意:詩文に使われる語助いわれる字は
Azz-sen249.jpg
------------------------------------------
千字文=S250「焉哉乎也」 (えん・さい・こ・や なり)
大意:焉・哉・乎・也 などであります
MK0=125_R.jpg /明鶴三体千字文

------------------------------------------

◆‥内藤江月/小篆千字文参照‥



フォントサイズ比較  
(てんち) (てんち)
(てんち) (てんち)  (てんち)
スポンサーサイト
プロフィール

FUZAN

Author:FUZAN
日本中国の古典(千字文・百人一首・干支~)探究
<書作品を添えて>

カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。